PROGRAMMING

プログラマーの将来に仕事はあるのか??【AIとエンジニアの未来】

今日はプログラマーの今後についてやっていきます。

最近よく今後プログラマーが増えてきて需要がなくなるんじゃないの?

今後はAIが発達してエンジニアはどんどん減っていくのでは?

などの意見をよく言われるので、実際に世界ではどのような意見があるのかを今回はやっていきたいと思います

この記事でわかること
・プログラマーの今後のこと
・プログラマーについての世界的な考察

こんな感じで今回はプログラミングの学習内容だけでなく、プログラマーの今後についてを書いていきたいと思います。

参考文献

Software Engineer Shortage in the World

Current state of the software developer job market In the USA alone, there is, at this moment, almost 500,000 software developer jobs on the market. It's estimated that another 500,000 software developers will retire in the next few years. That means that there will be a shortage of one million software developers in the USA.

Will Programmers Have a Job in the Future?

We've ushered into the age of technology, and if programming was considered in the 60s and 70s a "geek activity," today it has become one of the most respectable, high-paying jobs one could get. It is also a sector that is rapidly evolving, and almost everything that has recently been associated with progress has also been associated with programming.

プログラマーに将来性はあるのか

EDCよると、世界には2,300万人のソフトウェア開発者がいます。2023年までに、その数は2770万人に増えると予想されています。米国労働統計局によると、2016年から2026年の間に、ソフトウェアエンジニアの数は24%の割合で増加すると予想されています。これは、国内の他のどの職業よりもはるかに速い速度です。これらの統計を見ると、心配することは何もないと思います。


しかし、他の仕事と同じように、プログラミングが将来廃止されるリスクがあるのではないかと心配する人もいます。与えられる主な議論は、通常、AIと自動化の議論です。AIが他のものやそれ自体をプログラムできるとしたらどうでしょうか。プログラマーが現在行っているのと同じコードの多くを自動化できるとしたらどうでしょうか。ある意味、心配はある程度理解できます。WixやSquareSpaceなど、HTMLやCSSを習得しなくても誰でもWebサイトを設計および「構築」できる企業を見るだけで済みます。今日、あなたが自分の自宅でウェブサイトを構築したいのであれば、プログラマーはそれを行うことができます。

https://www.futuresplatform.com/blog/will-programmers-have-job-future

このようにプログラマーはじゃなくてもウェブサイトなどの作成することができるのではないかと懸念されています。

それでも、プログラマーに将来性はあるのかどうか。

結論:将来性はあります。

なぜ将来性があるのかについての理由と、

今後のAIとエンジニアの関係性はどうなるのでしょうか。

理由その1

エンジニアの需要は増加し続けているから。

AIなどで近自動化が進んできたが、ソフトウェアエンジニアの需要は増加しているだけです。

HTMLとCSSを使用したWebサイトのプログラミングを考慮すると、その一部を自動化できたのは事実。

しかし、1つには、これらのサービスが他の方法でWebサイトを自分で構築したであろう人に取って代わるとは言えません。

これらの恩恵を受けているほとんどの人は、プログラマーではなく、ブロガーやオンライン販売者などです。

その上、これらのサービスは優れていますが、Facebookで見られるような、何年にもわたるコードの反復と改善から生まれたカスタム機能がたくさんあります。

それは製品を理解している人々、顧客、そして少なくとも今のところ、コーディングできる人々によって行われなければなりません。

つまり、自動化は進化し続けはするが、単純な作業が自動化するだけで、複雑な作業に関してはエンジニアが必要になってきます。

さらに、ITの人材不足は世界的に問題視されています。

Current state of the software developer job market

In the USA alone, there is, at this moment, almost 500,000 software developer jobs on the market. It's estimated that another 500,000 software developers will retire in the next few years. That means that there will be a shortage of one million software developers in the USA. The estimate is that by 2021, there will be a shortage of 1.4 million software developers and only 400,000 software developer graduates. Employment of software developers is projected to grow 21 percent from 2018 to 2028, much faster than the average for all occupations.

Software development is a lucrative career path with an average annual salary of $99,500. The demand for software engineers is increasing, but there aren't enough skilled engineers to fill the demand. What does that mean for the average software development company?

Jobs Thru 2022 vs. Recent College Grads

https://ncube.com/blog/software-engineer-shortage

上記の記事で言われているのは、

2021年までに、140万人のソフトウェア開発者が不足すると推定されています。

ソフトウェア開発者の雇用は、2018年から2028年にかけて21%増加すると予測されており、すべての職業の平均よりもはるかに速いです。

どこの記事でもどこの国でもエンジニア不足は深刻な問題となっているそうです。

特に日本は他の国と比べると圧倒的に数が少ないので、今後は増加傾向にあることは間違いありません。

理由その2

AIをプログラムをするのはエンジニアだから。

AIは常に進化し続けてはいますが、誰かがそのAIをプログラムする必要があります。

機械学習などは魔法のように見えますが、アルゴリズムに取り組んでいる人々がいなければ、アルゴリズムを発明し、改善し、改良することはできません。

実際、Googleだけでも、さまざまなAIプラットフォームで作業するために約30,000人が雇用されています。

理由その3

AIが発展するたびに、エンジニアの仕事は増えていく傾向にあるため。

IoT、自動運転、バーチャルリアリティなどの新しいテクノロジーの出現はすべて、ソフトウェアエンジニア、ITスペシャリスト、システムエンジニア、および他の多くのフィールドプロフェッショナルがそれらに取り組むことを必要とする一連の新しい課題を提示します。

強力なAIがなければ、さまざまな新しいテクノロジーの複雑さをすべて理解し、それらの課題にうまく対処できるようになるまでには長い時間がかかります。

もちろん、AIが将来プログラマーに取って代わることは絶対にないというわけではありません。

人工知能はすでにコーディングできます。

そしてテクノロジーが過去数世紀にわたって、そして過去数十年にわたってますます多くの人間のタスクに取って代わったように、それはありふれたコーディングタスクに取って代わり続けるに違いありません。

それでも「プログラマーが時代遅れになる」ためには、はるかに高度な人工知能、または知能が必要になります。

プログラマーの今後

近い将来、ソフトウェアエンジニアの仕事が不足することはないようです。

現在は様々な言語で使用され、開発されていますが、近い将来には普遍的なプログラミング言語が生まれるそうです。

さらには、プログラミングは教育システムの中心的な信条になるとの見解もあります。

このようにプログラミング自体の需要は高まり、今後は生活の中心に取って代わるものです。

人間が見たいと思う特徴を理解するために必要な共感は、まだ人間の資質です。

そして、少なくとも当面の間エンジニアの需要が高まる中、キャリ​​アを積むことを計画しているのであれば、それは安全で良い選択であるに違いないと僕は思います。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

-PROGRAMMING

Copyright © Iseblog ,@2020 All Rights Reserved.