PROGRAMMING

プログラミングについて学ぶ!【プログラミング初心者ガイド】

コンピュータプログラミングは、現代では最も求められているキャリアの1つです。

実際、ソフトウェアエンジニアリングは、複数の業界で最も需要の高いキャリアの1つです。

プログラミングを学ぶことは大変なことと思うかもしれません。ゼロから始めている場合はカバーすることがたくさんあり、どこから始めればよいかわからないために圧倒される学習者もいます。

そのため、今日は、プログラミングを最初から学び始めて、それを楽しむ方法について、段階的に、用語ごとに説明したいと思います。

この記事でわかること
・初心者が知っておくべきプログラミングについての知識

今回はこんな感じでやっていきたいと思います。

コーディング方法を学ぶ

プログラミングってなに?

いくつかの重要な概念を紹介する前に、プログラミングが実際に何であるかを理解していることを確認する必要があります。

コンピュータは、情報を保存および処理できるハードウェアマシンです。

コンピュータは、情報を保存したり、処理したりすることができるハードウェアの機械です。コンピュータの言語はバイナリー(2進法)で、1と0の複雑な集合です。

プログラミングとは、基本的には、私たちの思い通りに動く複雑な機械のプログラムを開発する大規模なプロセスです。

プログラミングは、人間の入力と機械の出力の間の基本的なコミュニケーションです。コンピュータがどのように、いつ、どのようにデータを処理するかを知ることができるのです。

コーディングとは?

コーディングは、言語とコンピュータのバイナリを翻訳するものだと考えてください。

コーディングには、コマンドを書くための実際の構文と構造が含まれています。

そして、コンピュータは、それらのコマンドを受け取り、それをバイナリに翻訳し、書かれたことを実行することができます。

コーディングには、コンピュータが理解できる言語でコマンドを書くことが含まれます。

ハードウェアとソフトウェアってなに??

コンピュータが動作するためには、ハードウェアとソフトウェアの両方が必要です。

ソフトウェアとは、コンピュータにダウンロードされる命令やプログラムの集合体です。iPadやMicrosoft Wordのアプリは、ソフトウェアの例です。

一方、ハードウェアは、そのソフトウェアを保存し、配信し、実行する物理的なデバイスです。物理的なiPadやモニターはハードウェアの例です。

ハードウェアエンジニアは、ソフトウェアと相互作用するデバイスの製造と設計を担当しています。

彼らは通常、電気工学とコンピュータ工学のバックグラウンドを持っています。

ソフトウェアエンジニアは、一方で、開発し、それらのデバイスのためのソフトウェアプログラムをコード化します。

彼らは通常、ソフトウェア工学またはコンピュータサイエンスのバックグラウンドを持つことになります。

フロントエンド・バックエンドとは

ソフトウェア開発の世界では、プログラマーが異なるツール、スキル、最終目標を利用する2つの共通の陣営に分類されます。フロントエンド開発とバックエンド開発です。

フロントエンド開発は、ユーザーが実際に画面上で何を見るかに焦点を当てています。これには、デザイン、アプリケーションのデバッグ、ユーザーエクスペリエンスのためのコーディングが含まれます。この仕事は、プログラムやウェブサイトの感触、外観、デザインについてのすべてです。

バックエンド開発は、フロントエンドを可能にするすべてのことに焦点を当てています。この仕事は、サイトやアプリケーションがどのように動作するか、どのように素早く機能するか、データベース(データが保存されている場所)とどのように通信するか、ということがすべてです。多くのプログラマーは、どちらかというとジェネラリストです。彼らはフルスタック開発者と呼ばれています。

まとめ

以上がプログラミングについての内容です。

エンジニアやプログラマーになるためには以上のような知識がないと、就職の際に対応することができません。

プログラマーになるためには必須の用語となりますので、是非抑えておいてください。

次回はプログラマーになるために学ぶべきことを書きますので、合わせて読んでみてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

-PROGRAMMING

Copyright © Iseblog ,@2020 All Rights Reserved.